働きたくないから節約!投資!生存戦略!

働きたくないから節約!投資!生存戦略!

日々働きたくない気持ちが増大するので、生存戦略を練る

【ドケチというよりズボラ】風呂に入るのがめんどくさい

夏も迫る6月、家に帰る頃には体がベタベタなわけですが…風呂に入るのがめんどくさいです。

なんとか風呂に入らなければとおもいますが、とにかく面倒です。

 

1.玄関から風呂に直行すれば入れる

一人暮らしの頃は常にこれでした。

子供の頃から足が汗っかきなので、靴脱いでお風呂に直行ってのが定番化してました。

たぶん今でもこれすれば入れるはず。

 

2.一回座っちゃうとダメ

わかってはいたのです、これが原因だと。

家に帰ってくる時って何かしら荷物を抱えてるので、特に食料品の場合は急いで冷蔵庫に入れねばならず、帰宅後が超忙しいんですよ。

同時並行で洗濯回さなきゃとか、炊飯器で米炊かなきゃとか、洗濯物取り込まなきゃとか…

で、疲れて座っちゃうじゃないですか。

 

…もう一歩も動きたくないんですよ。

家族がなかなかお風呂に入らなかったり(動画見たさに)すると自分が入る時間が遅くなるので余計に。

かろうじてシートタイプのメイク落としでメイクだけ落として寝ちゃう事も多いです。

ドクターシーラボのメイク落としシート使ってますが、シートが柔らかめなのでゴシゴシしても肌が痛くなりにくいです。

夏場は濡れタオルで身体拭いてしのいだり。

 

一回お風呂入ると洗わないといけない、ふかないといけない、頭乾かさないといけない…みたいなタスクが多過ぎて動く気に成りません。

 

3.ちょっとでもハードルを下げていきたい

玄関から直行するのが最善な気がしますが、めんどくさいタスクを削ってくのも大事だと思ってます。

例えば、

・メイク落としはメイク落としシートで退勤中にする

・お風呂に入らない日はドライシャンプーにする

・髪の毛は毎日洗わないで湯シャンにする

・むしろ髪を濡らさない日をつくる

・タオル地の帽子を買って髪の毛を渇かす

・ダイソンのドライヤー購入して一気に渇かす

とか。

退勤中にメイク落とすのは、前職や前前職が帰宅が遅い仕事だったのでやってました。満員電車の路線だときついかもしれないです。

ドライシャンプーは肌に合う合わないがあって、自分は使うと地肌がかゆくなるので使わなくなりました。トニックのような感じで爽快感と髪のベタつきがとれます。

タオル地の帽子は色々売ってると思いますが洗い替えで二枚くらい持ってると重宝します。

早い時間帯にお風呂に入れてしまえば、寝るまでに十分時間があるので髪を乾かす手間が削れるかもですね。